薪ストーブに火入れ。

0

     

     

     

     山そうじをした際、枯れ木等を久々に薪に加工して火入れしました。

     

     

     火入れをした際は完全燃焼をしませんので煙が立ちます。

     

     

     前面のガラスも去年の煤が残っています。(2次燃焼でクリアーになります)

     

     

     

     暑いと涼しさを求め、寒いと暖を取る。

     

     

        小学生の頃は寒くても短パンで登校していたのに、、、

                 旧車ガレージ車楽 高橋弘幸

     

     

     


    早春の山そうじ(春よ来い)

    0

       

       

       

       12月頃より山そうじをしています。

       いろいろと計画をしているのですが、やりたい事が多すぎて、、、

       

       山仕事は、きつい作業ですが気分は爽快です。

       

       

       気温が低い中の作業でもかなりの汗をかきます。

       

       

       植木の剪定は枝に登ったり危険を伴いますので慎重に。

       

       

       遊歩道の草はハンマー式の草刈り機で粉砕して粉々にしています。

       草スキー出来そうです。

       

       

       早春の日差し。

       やはり日差しは、こころがホッコリしますね。

       

       

                      旧車ガレージ車楽 高橋弘幸

       

       

       

       


      明けまして おめでとうございます。

      0

         

         

         明けまして おめでとうございます。

                             平成30年 元旦

         

         

         お客様のご多幸とご健康をお祈り申し上げます。

         

                  

                                 旧車ガレージ車楽 高橋弘幸

         

         

         


        新年明けましておめでとうございます。

        0


           VW Type 1957 年式

           
           輝かしい初春を迎え

                    皆様のご多幸を

                           お祈り申しあげます


                              平成 27 年   元旦

                      
          株式会社 サザン、マオリ  高橋弘幸





           

          明けましておめでとうございます。

          0



            2014年

                 明けましておめでとうございます。



             皆様のご多幸をお祈り申し上げます。

                         株式会社 サザン、マオリ
                                 高橋弘幸




             

            7月20日、夕方の千葉外房の空

            0
               


               7月20日の外房の空です。
               これから夏本番なのに、まるで初秋の空のようです。



               あまりにも綺麗でしたので、もう1枚。

               今年の天気は、体にこたえます。
               皆様も、お体を大切に、、、




              盆栽の剪定。

              0
                 


                 この1枚目の写真は、今年の5月末に撮影したものです。
                 ケヤキ盆栽は、葉が全部出そろった所で、葉を摘み取ります。
                 

                (盆栽を眺めるふりをしている猫は、子猫の時、裏山から下りて来て、
                 自然と我家に住み着き、今では我家を当然のような顔をして闊歩しています。)

                  


                 それから40日、葉が出そろいました。



                 今年は、再度剪定する為に、先端の葉を半分残して
                 葉を全部、摘みとりました。育てたい枝は、葉を残して徒長させます。



                 このケヤキ盆栽は、どうしても気になる枝が有りましたので、
                 おもいきって、枝抜きしました。



                 石付の楓です。
                 形を作り変える為に枝を徒長させています。



                 成長したら根が交差しているのが気になります。
                 今度の植え替えの際、整える事にします。



                 この盆栽は榎ですが、気になる枝は今回全て飛ばしました。



                 涼しげな、ホタルぶくろ

                 千葉も強烈に暑いです。
                 









                初夏 (輝きの時)

                0
                   


                   初夏。
                   草木も勢いよく芽吹き、それぞれが
                   新しく生まれ変わった様に美しい。



                   梅雨入り、近し。



                   自然は日々変化し、人の心を癒します。



                   シャクヤクの花。
                   今年も、気合を入れて育てました。 



                   タイツリ草。



                   山法師の花



                   旧車撮影の庭も、夏が近いことを知らせてくれる。

                   
                   季節も輝きの時があるように
                    人もそれぞれに輝く時を持っている。





                  春の雪

                  0
                     


                     天気予報。曇りではなく(春の雪)です。
                      昨日の昼頃から千葉も雪が降り、今朝、雪景色です。
                     (
                    私の生まれ故郷、新潟十日町の人が見たら騒ぐなと怒られそう。)   




                     山モミジ、少しづつ芽が大きくなってきました。




                     ヤマブキも春を知らせてくれます。

                     
                      



                     

                     
                     
                    野兎が2時間に1回、家の周りを巡回警備してます。

                     もーすぐ は〜るですねえ♪ (キャンディーズより皆様へ)
                      
                      




                    遠き想い出。(昭和ノスタルジック)

                    0
                       


                       昭和30年代の小学校(分校)を再現したブース。
                        当時は、音楽室など当然有りませんから、
                        各教室に1台オルガンがあった。



                       30年代の机は、二人用であった。
                       
                      その後、スチールパイプ足に木製合板天板の一人用机に替わる。




                       このアルミトレイとミルク用バケツを見て
                                   懐かしく感じる人は、立派な中年です。





                       冬の朝は、当番制でストーブ係りが廻ってきた。
                        右に写っているのが石炭。
                         石炭に火を点ける時は、一晩灯油に漬けた軽石を用いた。
                        (
                      当時石炭は、黒いダイヤと呼ばれ日本でも盛んに採掘されていた。) 



                       ちゃぶ台に一升瓶、
                        火鉢でスルメでも焼いて、これから晩酌です。



                       (千葉県立博物館 大利根分館)




                      calendar

                      S M T W T F S
                           12
                      3456789
                      10111213141516
                      17181920212223
                      2425262728  
                      << February 2019 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      • オースチン7(1934年式) Cambridge
                        柴田
                      • フェアレディーZ (S30)オリジナル。
                        川合 琢也
                      • VWビートル 1302 入庫しました。(未再生車)
                        今野 正博
                      • ペトリ バンジョーステアリング
                        タカ
                      • VW アーリーレイトバス、入庫しました。
                        加藤大介
                      • スカイライン(ケンメリ)1800GL
                        Bilal
                      • 報告、小美玉市「懐かしの名車、旧車展示会」 癸
                        やまにし
                      • プリンススカイライン S54B 縦グリル
                        宇治川譲
                      • ケンとメリーのスカイライン
                        rechard

                      links

                      profile

                      書いた記事数:455 最後に更新した日:2019/02/14

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM