関東初、日本ウミガメ会議inいちのみや千葉(事前協議)

0



     来月11月27日〜29日の3日間
     第26回日本ウミガメ会議が関東で初めて開催されます。
     外房の自然はダイナミック。



     会場のホテル一宮シーサイドオーツカ様で事前協議。



     お客様を迎える懸垂幕とノボリ



     中央に座っている人は、海洋生物の研究で有名な
     元東邦大学教授の秋山章男氏です。
     27日には秋山先生の講演がホテル一宮シーサイドオーツカにて開催されます。
     ウミガメや海洋生物など興味深い話が聞けます。 



     28日には、鴨川シーワールドの協力でウミガメが展示されます。


     都心から1時間
      自然豊かな外房へ、、、

         日本ウミガメ会議inいちのみや千葉
          お問い合わせ 一宮町役場
          http://www.town.ichinomiya.chiba.jp/






     

    ホテル一宮シーサイドオーツカ、ウミガメ保護活動。

    0



       トライアンフTR3の撮影をしている中村さん(写真中央)は、
       自身の写真展を開催するなど勢力的に活動しています。



       昨年,中村さんのウミガメの写真は千葉県の写真コンクールで優勝しました。
       その写真は、さかなクンに大変貴重な写真と絶賛されました。

       上陸と帰海(釣ヶ崎海岸)

       この写真を含め3枚の写真は 今年のウミガメ上陸、産卵の様子です。

        命託して(一宮海岸)

       ウミガメの産卵
      (撮影は、ウミガメを驚かさない様、細心の注意が必要との事。)   


       聖地に上陸(釣ヶ崎海岸)

       写真左上に1200年以上の歴史を持つ「上総十二社祭り」で有名な
       釣ヶ崎の鳥居が見えます。
       
       
       ホテル内の喫茶コーナーでは、中村氏の写真が展示されています。


       ホテル一宮シーサイドオーツカ、副支配人の本田様と。
       
       株式会社大塚商会グループは、自然環境保全活動をしています。

       
       【一例】 
          鴨川の大山千枚田の棚田の保全
          熱海梅園の再生
          東京の日本橋川と神田川の水質浄化
          一宮海岸線の自然保護、(保安林の整備他)

          (他多数)
       
       ホテル一宮シーサイドオーツカは『第26回日本ウミガメ会議』を応援してます!!

        都心から一時間。
        美しい空と海、
       やさしい風に時を忘れ
        素直な自分と出会う

       さぁ〜 出かけよう
        美しい外房、一宮町。


       
       ホテル一宮シーサイドオーツカ
       http://www.seaside-otsuka.com/

       一宮町ホームページ
       http://www.town.ichinomiya.chiba.jp/kankou/




       

      取材、旧車のすべて(G−ワークス特別編集)

      0
         


         ケンとメリーのスカイライン
        (笠地蔵、夏編)
         
         8月9日、猛烈な暑さの中、千葉県幕張でG-ワークスの取材です。
         午前中に2台終了。
         

         私は午後に現場到着。
         担当者があまりにも暑そうなので、
         持っていた菅笠を被せてあげました。
         
         



         菅笠を被って少し涼しげに。
         



         それでも気温は容赦なく上がってゆきます。
         そこで手ぬぐいです。
         




         早速、保冷剤入りの手ぬぐいを首に巻き冷やしてあげました。
         
         



         集中力UPです。
         
         
         かなり細かく掲載するので、撮り忘れをチェック。

         撮影も終わり、帰りの駐車場の料金ゲートの出来事です。
         

         人が近づいてくる音がしたので、横を見ると
         そこには、菅笠を被った人が立っていました。
         そして料金を入れてくれたのです。
         

         (ゲートの外に出てみると、道の両脇には米俵、モチ、小判が山と積まれ、、、
         
        暑すぎて、昔話が頭から離れない。トホホ 、、、)
          
          
         暑い中お疲れ様でした。

         今年の夏は、異常に暑いですね。
         皆様もお体には十分気を付けてお過ごしください。
         

         G−ワークス 特別編集

                 旧車のすべて 9月末 発売予定

         

         





         



        フェアレディーZ (S31)

        0
           


           昨日、久しぶりに、ホテル一宮シーサイドオーツカ様のエントランスを
            お借りしてS31Zの撮影をしてきました。


           私の写真よりホテル一宮シーサイドオーツカのブログ担当者の写真のほうが、
            いい絵が取れていますので、まずご覧ください。
           
            ホテル一宮シーサイドオーツカ、ブログ
               http://www.seaside-otsuka.com/blog/?p=28969
            

            手軽に常夏のリゾートを楽しむ。
             都会から1時間、さ〜夏を先取り
             http://www.seaside-otsuka.com/  

          ワーゲンバス

          0


             本日の取材は、主婦の友社です。
             
            それは、1本の電話から。
             最初は、いたずら電話かと思いましたが、電話の相手は、真剣そのもの。
             
             旧車とは、無縁の雑誌の様ですが、ファッション業界は、
             流れが速く、時代に敏感な業種ゆえ、これからもっと
             ワーゲンが誌面に登場する機会が増えるだろう。
             
             私が、プランタン銀座のオープンに携わってもうすぐ30年を迎える。
             (1984年4月1日、オープン当日は雪でした。)
              エープリルフールではありません。
             この30年、時は人の歩む速度を超えてしまった。



             撮影準備中。
             正面の犬は、ワーゲンバスのオーナーの愛犬コロです。
             スタッフの忙しさを尻目に、ひたすら我が道を行く。
             


             撮影開始、(バスの前には、美しいモデルさんが、、、)



             イスの上にモニターがあり、画像のチェックをしています。
             そのはるか遠くでは、年配のおじさんが、明日の天気を占っています。
             すぐ後ろを歩いている女性は、エキストラではありません。
             


             バスの中、どうなっているんだろう! 
             ウ〜ン、やはり昭和の時代の車は、暖かさがあるな〜。
              (この画像は、3丁目の夕日ではありません。)

             
             〈株)主婦の友社 ジゼル
             http://gisele.shufunotomo.co.jp/



            取材〈旧車人〉ケンとメリーのスカイラインHT(ケンメリ)

            0



               取材、旧車人vol,  7
               ケンとメリーのスカイライン(HT) コマーシャルカラー

               《昭和》 その言葉は、今や遠い過去の代名詞の様に使われている。
               
               けれど昭和20年代生まれの私にとって、この車が誕生した昭和48年は、
               昨日の様に想い出される。
               
               昭和の時代
               
               今日より明日。 明日より明後日
               いつもそこには、夢があった。
               
               さ〜 道の向こうへ出かけよう、今がとおり過ぎてゆくまえに。




               ハンドルを握ると、過ぎ去ったはずの若き日々が蘇る。

               旧車は、人の心を若返えらせます。
               
               気ままで、自分だけの時間、 
               何処か遠くで何かに出会うような そんな気がしたら
               ケンとメリーのスカイライン  

                




              旧車専門誌、【旧車人】発売してます。

              0



                 旧車専門誌、旧車人26日発売

                 ケンメリGTRの製造販売の舞台裏、試作車と販売車の違いなど、、、
                 詳しくは、雑誌にて、、、




                  当社のケンとメリーのスカイラインも掲載されています。
                 
                 雑誌の写真は、この写真とは異なります。 
                 プロの写真はやはり違います。
                 雑誌にて、、、




                 この車がほしくてたまらない時があった。
                 時が過ぎても想いは、変わらない。
                 ケンメリは、青春そのもの。 




                 苦い思い出も、楽しい想い出もこのスカイラインは知っている。
                 
                 道の向こうへ出かけよう、今が通りすぎてゆくまえに ♪
                 

                ケンとメリーのスカイライン(ケンメリ)、取材(旧車人)

                0
                   


                   皆さん、くれぐれも車上狙いにはご注意ください。
                   
                   この画像を見ると、どうもお笑いの世界に入り込んでしまいます。
                   朝早くから、黒いシャツで目立たぬ様、素早く。
                   




                   ドアが開きました。
                   けれど一人見当たりません。



                   実は、こんな様子でした。
                   室内の撮影。




                   増田編集長、リアフェンダー後部に何かを発見。
                   今では、なかなか見られない新車時のネムリ目地(ジョイント部)を発見。 




                   
                   旧車ガレージ車楽は、車と共に想い出を販売します。


                   (旧車専門誌) 旧車人 5月26日発売 
                     http://www.sun-a.com/magazine/back_number.php?mpid=303
                   
                    旧車人ブログ
                     http ://ameblo.jp/kyushajin/

                  ノスタルジックカーショー主催の関さん来社

                  0
                     


                      昨日、ノスタアルジックカーショー、スワップミート2DAYSを
                      主催する関さんが来社しました。
                      ケンとメリーのスカイライン(HT)、スカイライン1800GLに
                       非常に興味を抱いていました。

                     CMカラーでもあるこのケンメリは、他の雑誌社からも取材依頼があり、 
                      ブルーのケンメリ(HT)は、いまや40年前の想い出をいっぱい
                      乗せた希少車なのかもしれない。
                         
                        http://nostalgiccar.blog.so-net.ne.jp/2012-04-11
                                     
                                   
                    http://www.nostalgic.co.jp/



                    旧車人、発売(2月14日) ケンメリ1800GL

                    0
                       


                       明日(2月14日) 旧車人vol,6 発売
                       
                       前回までは、アイドリングの状態でしたが、
                        今回は、旧車人MOTEGIミーチング開催報告(173台紹介)他、
                       かなり幅広い取材をしているので、見応えがあります。
                       
                       皆さん明日は、立ち読みしてください。
                       (立ち読みは、ただです。)

                       *良い本は、いつも手元に。
                       *当社の広告も、掲載しています。



                      calendar

                      S M T W T F S
                          123
                      45678910
                      11121314151617
                      18192021222324
                      252627282930 
                      << June 2017 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      • VWビートル 1302 入庫しました。(未再生車)
                        今野 正博
                      • ペトリ バンジョーステアリング
                        タカ
                      • VW アーリーレイトバス、入庫しました。
                        加藤大介
                      • スカイライン(ケンメリ)1800GL
                        Bilal
                      • 報告、小美玉市「懐かしの名車、旧車展示会」 癸
                        やまにし
                      • プリンススカイライン S54B 縦グリル
                        宇治川譲
                      • VWビートル67、レストア、整備完了。
                        松尾 末美
                      • ケンとメリーのスカイライン
                        rechard

                      links

                      profile

                      書いた記事数:383 最後に更新した日:2017/05/29

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM